教員情報   
   TOPページ   


  ハマタニ カナ
  濵谷 佳奈   児童学部 児童学科   講師
■ 学歴
1. 2000/03
(学位取得)
学士(外国研究)
2. 2003/03
(学位取得)
修士(教育学)(教育学)
■ 資格・免許
1. 2002/05 中学校教諭第一種免許状「外国語」(ドイツ語)取得
2. 2002/05 中学校教諭第一種免許状「外国語」(英語)取得
3. 2002/05 高等学校教諭第一種免許状「外国語」(ドイツ語)取得
4. 2002/05 高等学校教諭第一種免許状「外国語」(英語)取得
■ 職歴
1. 2011/04~ 大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 講師
■ 講師・講演
1. 2007/08 「青少年交流事業」(ドイツ・ベルリン市への青少年派遣)
2. 2013/08 「幼児教育の国際的動向」(奈良教育大学教員免許状更新講習)
3. 2014/09 「教育のあり方を見つめ直そう-絵画に描かれた子どもを通して-」(大阪市立鶴見商業高等学校『チャレンジ講座』)
4. 2015/01 男女共同参画社会における子育てを考える―日本とドイツにおける現状と課題―(第6回 香芝市くらしを考える講座)
■ 現在の専門分野
  教育学 (キーワード:カリキュラム論、外国教育史、比較教育学、道徳教育) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/05 論文  ドイツ:基礎学校の教育実践にみる多様性の尊重と学力保障  (単著) 
2. 2017/02 論文  学力格差是正に向けたドイツの 取り組み
―ノルトライン・ヴェストファーレン州の事例に注目して—  (単著) 
3. 2017/01 論文  リアリスティック・アプローチを用いた教職実践演習についての研究  (共著) 
4. 2016/10 著書  『福音み〜つけた!ー「宗教」「倫理」を考えるためにー 高校編』  (共著) 
5. 2016/10 論文  「子どもの学び」④ 子どもと道徳  (単著) 
全件表示(22件)
■ 所属学会
1. 2003/03~ 日本カリキュラム学会
2. 2003/03~ 日本比較教育学会
3. 2007/03~ 日本教育学会
4. 2007/04~ 日本カトリック教育学会
5. 2015/06~ 日本教師教育学会
■ 学会発表
1. 2016/06/26 学力格差是正策に向けたドイツの取り組みーノルトライン・ヴェストファーレン州の事例を中心にー(日本比較教育学会第52回大会)
2. 2015/09/20 リアリスティクアプローチによる教師教育の実践ー大阪樟蔭女子大学の事例を中心としてー(教師教育学会第25回研究大会)
3. 2014/07/12 「ドイツ連邦共和国における倫理科と宗教科との教科間連携の特徴と課題―ベルリンの事例研究とインタビュー調査を中心に―」(日本比較教育学会(第50回大会))
4. 2014/06/29 「ドイツ連邦共和国における倫理科による道徳教育のカリキュラム―ノルトライン・ヴェストファーレン州実践哲学科とブランデンブルク州LER科の事例比較を中心に―」(日本カリキュラム学会(第25回大会))
5. 2014/03/29 「ドイツ連邦共和国における宗教科の法的地位をめぐる現代的動向―ノルトライン・ヴェストファーレン州における「正規の教科」としてのイスラームの宗教科の導入を中心に―」(フォーラム:ドイツの教育(第60回))
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2016/04~ 東大阪市社会教育委員
■ 委員会・協会等
1. 2013/04/01~ 大阪樟蔭女子大学国際交流委員会 委員
2. 2014/04/01~ 大阪樟蔭女子大学教務委員会 委員
3. 2016/04/01~ 大阪樟蔭女子大学学士課程教育センター 委員
4. 2016/04/01~ 大阪樟蔭女子大学教職課程連絡会議 議長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/08~2015/03  現代ドイツ道徳教育改革における倫理科と宗教科との関係をめぐる実証的比較研究  研究活動スタート支援 研究代表者 
2. 2015/04~2018/03  価値多元的社会ドイツにおける道徳教育のカリキュラムと教授学に関する実証的研究  若手研究B 研究代表者 
3. 2015/04~2019/03  学力格差の実態把握と改善・克服に関する臨床教育社会学的研究  基盤研究(A) 研究分担者 
4. 2015/04~2018/03  教師の専門性の向上に資するリフレクションを用いた教師教育モデルの開発  基盤研究(C) 研究分担者