大阪樟蔭女子大学 教員情報   
   TOPページ   


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 学歴
1. 1986/04~1988/03 名古屋大学 大学院 教育学研究科 博士課程(前期課程)教育心理学専攻 修士課程修了 教育学修士
2. 1988/04~1991/03 名古屋大学 大学院 教育学研究科 博士課程(後期課程)教育心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
3. 2017/03/27
(学位取得)
名古屋大学 大学院 博士(心理学)
4. ~1986/03 名古屋大学 教育学部 教育心理学科 卒業
■ 職歴
1. 1988/04~1992/03 知多市立看護専門学校 非常勤講師
2. 1990/04~1991/03 日本福祉大学 非常勤講師
3. 1991/04~1992/03 名古屋大学 大学院 教育学研究科 研究生
4. 1991/04~1992/03 名古屋女子文化短期大学 非常勤講師
5. 1991/04~1994/03 日本福祉大学 非常勤講師
全件表示(37件)
■ 現在の専門分野
  実験心理学 (キーワード:単語認知,高機能広汎性発達障害,不思議現象,虚記憶) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/01 論文  漢字二字熟語の意味とそれを構成する漢字の意味との関連性(透明性)データベースの構築  (単著) 
2. 2018/01 論文  漢字二字熟語 415語の発音容易性データベース  (単著) 
3. 2018/01 論文  大学生活充実度と大学へのリテンションとの関連—SoULS-21を用いた縦断的研究—  (共著) 
4. 2017/03 論文  女子大学生の自己受容を測定する  (単著) 
5. 2017/03 論文  単語及び非単語の単語らしさ評定にneighbor数が及ぼす効果  (単著) 
全件表示(129件)
■ 所属学会
1. 1987/04~ 日本心理学会
2. 1987/04~ 日本教育心理学会
3. 1991/04~ 日本読書科学会
4. 1992/03~ 日本認知科学会
5. 1992/05~ 東海心理学会
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2018/09/26 不思議現象に対する態度とレジリエンスの関連(3) 不思議現象に対する態度(60)(日本心理学会第82回大会)
2. 2018/09/26 大学での学業遂行と適応を支える心理的特性 (12)  心理的耐久性(Durability)とレジリエンスとの関連(2)(日本心理学会第82回大会)
3. 2018/09/26 大学帰属感尺度(SUM-6)の開発(2)(日本心理学会第82回大会)
4. 2018/09/26 研究活動の行動科学―研究の継続要因を探る―(日本心理学会第82回大会)
5. 2018/09/25 不思議現象に対する態度とレジリエンスの関連(2) 不思議現象に対する態度(59)(日本心理学会第82回大会)
全件表示(202件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1988/04~ 無記名式のフィードバックコメントの活用
2. 2001/04~ コースクレジット制度の導入
3. 2001/04~ ミニレポートによる動機づけと授業設計
●作成した教科書、教材
1. 2001/04~2003/06 心理統計法教材(Microsoft Excelを用いた計算実例集)
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 1988/04~1992/03 知多市立看護専門学校「統計学」非常勤講師
全件表示(49件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/08~1998/08 文部省在外研究員(University of Pittsburgh, Learning Research and Development Center)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996/04~1997/03  視覚提示された日本語の認知における表記と処理単位  奨励研究(A) 
2. 2000/04~2001/03  単語認知過程における正書法的・音韻的類似語数の効果  奨励研究(A) 
3. 2002/04~2005/03  類似語数効果と単語の形態情報・音韻情報・意味情報との関連について  基盤研究(C) 
4. 2017/04~  不思議現象信奉と心理学教育  基盤研究(C) 
■ 受賞学術賞
1. 1996/06 日本認知科学会 第12回大会発表賞 受賞
■ 科研費研究者番号
  40242789