教員情報   
   TOPページ   


  クワバラ アキコ
  桒原 晶子   健康栄養学部 健康栄養学科   准教授
■ 学歴
1. 2001/04~2005/03 京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 卒業
2. 2005/04~2007/03 京都女子大学大学院 家政学研究科 食物学専攻 修士課程修了 修士(食物学)
3. 2007/04~2010/03 京都女子大学大学院 家政学研究科 生活環境学専攻博士後期課程 博士課程修了 博士(家政学)
■ 資格・免許
1. 2005/06 管理栄養士登録(第120270号)
■ 職歴
1. 2005/04~2009/12 京都大学医学部附属病院 疾患栄養治療部栄養管理室 臨床研修生
2. 2010/04~2013/03 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 健康栄養学科 講師
3. 2013/04~ 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 健康栄養学科 専任講師
4. 2013/04~2015/03 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 健康栄養学科 講師
5. 2015/04~ 大阪樟蔭女子大学 健康栄養学部 健康栄養学科 准教授
■ 講師・講演
1. 2010/09 高齢者におけるビタミンD・K栄養状態について(女子栄養大学)
2. 2011/08 高齢者におけるビタミンDレベルの実態(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ)
3. 2013/08 栄養からみた紫外線(教育講演)(神戸国際会議場)
4. 2013/10 冬場に備える「ビタミンD」(大阪)
5. 2015/01 新食事摂取基準(2015年版)の概要と改定のポイント~科学的根拠に基づいた栄養管理を行うために~(高松テルサ(香川県))
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
  生活科学, 食生活学 (キーワード:栄養学、臨床) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/09 論文  Comparison of lower leg muscle strength and grip strength for diagnosing slower gait speed in the elderly  (共著) 
2. 2017/02 論文  Associations between serum 25-hydroxyvitamin D3 level and skeletal muscle mass and lower limb muscle strength in Japanese middle-aged subjects  (共著) 
3. 2017/02 その他 ビタミンD不足の意義  (単著) 
4. 2016/09 論文  Contribution of hypoalbuminemia and decreased renal function to the increased mortality after newly diagnosed vertebral fracture in Japanese subjects.  (共著) 
5. 2016/02 論文  高齢者施設職員により記録された食事摂取割合の正確さの検討  (共著) 
全件表示(68件)
■ 所属学会
1. 2017/01~ ビタミンE研究会
2. 日本ビタミン学会
3. 日本栄養・食糧学会
4. 日本栄養改善学会
5. 日本病態栄養学会
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2016/09 Relationship of vitamin D with skeletal muscle volume, muscle strength, and physical performance(American Society for Bone and Mineral Research 38th Annual Meeting)
2. 2015/10 Decreased serum albumin level and renal function are the risk for mortality after newly diagnosed vertebral fracture (VFx) in Japanese subjects(American Society for Bone and Mineral Research 37th Annual Meeting)
3. 2014/09 High prevalence of vitamin D deficiency in patients with xeroderma pigmetosum (XP)- A under strict sun-protection(American Society for Bone and Mineral Research 36th Annual Meeting)
4. 2013/09/15 Clinical usefulness of historical height loss and current height/knee height ratio in the nutritional assessment of the elderly(IUNS 20th International Congress of Nutrition)
5. 2012/10/15 Predictive Value of Historical Height Loss and Current Height/knee Height Ratio for prevalent Vertebral Fracture(American Society for Bone and Mineral Research 34th Annual meeting)
全件表示(14件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2011/01 認定NSTガイドブック2011 メディカルレビュー社.中屋豊 編集
2. 2011/03 臨床栄養学実習書 第11版 医歯薬出版社. 玉川和子, 口羽章子, 木戸詔子 編著
3. 2012/03 新 食品・栄養科学シリーズ 応用栄養学(第3版) 化学同人 灘本知憲 宮谷秀一 編
4. 2012/04 スタンダード人間栄養学 応用栄養学演習・実習―栄養ケアプランと食事計画・供食― 朝倉書店 渡邉早苗・宮崎由子・吉野陽子編
5. 2013/01/30 最新 臨床栄養学 新ガイドライン対応 光生館 井上修二 上原誉志夫 岡 純 田中弥生 編
全件表示(8件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2005/04/01~2009/12/30 京都大学医学部附属病院 疾患栄養治療部栄養管理室臨床研修生
2. 2008/11~2010/03 吉政医院非常勤勤務
3. 2011/09~2013/09 総合医科学研究所 非常勤アドバイザー業務(栄養指導)
■ 委員会・協会等
1. 2011/04 大阪府栄養士会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/06~2010/10  日本骨粗鬆症学会 平成21年度研究奨励賞  その他の補助金・助成金 
2. 2010/02~2011/03  骨粗鬆症QOL研究  その他の補助金・助成金 
3. 2010/08~2012/03  施設入居高齢者におけるビタミンD栄養状態と肺炎および死亡に関するコホート研究  研究活動スタート支援 
4. 2013/04~2016/03  ロコモティブシンドロームにおけるビタミンD栄養状態の意義  若手研究(B) 
5. 2016/04~2019/03  ビタミンD栄養状態判別のための簡易質問票の作成と臨床的妥当性の検討  若手研究B 
■ 受賞学術賞
1. 2009/06 日本骨粗鬆症学会 平成21年度研究奨励賞  受賞
2. 2009/06 第61回日本ビタミン学会 学生優秀発表賞 受賞
3. 2009/09 日本骨粗鬆症学会 平成21年度学術奨励賞  受賞
4. 2015/01 第18回日本病態栄養学会年次学術集会 会長賞
5. 2017/02 平成29年度 日本栄養・食糧学会 奨励賞
■ 科研費研究者番号
  00582602