教員情報   
   TOPページ   


  タハラ ヒロシ
  田原 広史   学芸学部 国文学科   教授
■ 学歴
1. 1984/04~1987/03 東京外国語大学 大学院 外国語学研究科 日本語学専攻 修士課程修了 文学修士修士
2. 1987/04~1988/03 大阪大学 大学院 博士後期課程 文学研究科 日本学専攻 博士課程単位取得満期退学
3. ~1984/03 東京外国語大学 外国語学部 英米語学科 卒業
■ 職歴
1. 1988/04~1989/09 愛知教育大学 教育学部 助手
2. 1989/10~1993/03 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 国文学科 講師
3. 1993/04~1994/03 神戸YWCA 日本語教師養成講座
4. 1993/04~2007/03 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 国文学科 助教授
5. 1994/04~1996/03 近畿大学 文芸学部 文学科 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
  キーワード:社会言語学、日本語学、方言学 
■ 著書・論文歴
1. 2006/05 論文  近畿における方言と共通語の使い分け意識の特徴―方言中心社会の提唱―  (単著) 
2. 2005/03 その他 〈報告・資料・記事等〉東大阪市域における方言の実態調査 ―途中経過報告―  (共著) 
3. 2003/06 その他 〈科学研究費等〉 全国方言談話資料データベースの作成と公開   
4. 2003/04 その他 〈科学研究費等〉 松山市における方言の世代差の実態に関する調査研究   
5. 2003/04 その他 〈辞書・辞典〉河内弁大辞典 やぃ われ!  (共著) 
全件表示(87件)
■ 所属学会
1. 1985/04~ 国語学会
2. 1987/09~ 日本音声学会
3. 1989/10~ 近畿音声言語研究会
4. 1989/10~ ∟ 世話人
5. 1992/12~ 西日本国語国文学データベース研究会
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2003/06 〈学会等の口頭発表〉方言談話資料データベース-『日本のふるさとことば集成』について-(第21回「西日本国語国文学データベース研究会」)
2. 2003/05 〈学会等の口頭発表〉近畿における方言と共通語の使い分け意識について-方言中心社会の提唱-(第76回「日本方言研究会研究発表会」)
3. 2002/12 〈学会等の口頭発表〉センター10年の歩み(日本語研究センター開設10周年記念講演・シンポジウム「日本語教育はどこに行くのか」)
4. 2002/11 〈学会等の口頭発表〉PC言語地図が社会言語学にもたらしたもの、もたらすべきもの(第100回「変異理論研究会」シンポジウム「日本の社会言語学とPC言語地図」)
5. 2002/07 〈学会等の口頭発表〉DB-West10年の歩み(第20回「西日本国語国文学データベース研究会」)
全件表示(35件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1989/04~ プレゼンテーションの導入1
2. 1989/04~ 体験型学習の導入
3. 1991/04~ プレゼンテーションの導入2
4. 1998/04~ シラバスの活用
5. 1998/04~ 固定座席の活用
●作成した教科書、教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(39件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/05~1999/03 富田林市役所市民講座
2. 2002/10~2003/02 東大阪市役所市民講座
■ メールアドレス